俳優として知られている窪塚洋介さん。その活動は俳優業だけにとどまらず、レゲェミュージシャン、ビデオ監督、カメラマンなどあらゆるジャンルで才能を発揮しています。そんな窪塚洋介さんは2002年まではテレビドラマにも出演していてテレビでもよく見かけましたが、現在は何をしているのか分からないとという方も多いのではないでしょうか。今回はそんな窪塚洋介さんについて、現在の活動について調べてみました。

窪塚洋介の歴史

窪塚洋介さんは、1979年5月7日、神奈川県出身で、2020年2月現在の年齢は40歳となっています。1995年にテレビドラマ金田一少年の事件簿でデビューを果たしてから、1998年のGTO、2000年の池袋ウエストゲートパークなど若者なら誰もが知るドラマに数々の出演を果たしています。

2001年に公開された映画「GO」では、最年少で日本アカデミー賞である新人俳優賞と最優秀主演男優賞のダブル受賞を成し遂げた、誰もが認める日本を代表する俳優さんです。

一見、順風満帆に見える窪塚洋介さんですが、育児休業中の、2004年6月6日に神奈川県横須賀市の自宅マンション9階から転落するという事故がありました。

運よく、地面が芝生だったため、頭蓋骨の骨折など深刻な傷を負いましたが、命に別状はありませんでした。

窪塚洋介の現在

以前と比べて、テレビなどで見る回数も格段に減ってきてることは皆さんもお気づきだと思います。それには2つの要因があるとされています。

まず、一つ目が先ほども書きました、転落事故です。これが原因で、仕事面で影響が出たのは間違いなさそうです。

もう一つは、活動の舞台を音楽方面に移し、卍字ラインというレゲェミュージシャンとして、日本に止まらずアジアでもコンサートを積極的に開催されています。

家庭でも、2003年に一般人女性と結婚しましたが、2012年に離婚。ただ、その3年後の2015年に、レゲエダンサーのPINKYさんと再婚し、二人の間には娘も生まれています。

一人目の女性の間に生まれた、長男の窪塚愛流さんは、2018年の映画『泣き虫しょったんの奇跡』に出演したことでも話題になりました。

親子揃っての共演も今後期待したいですね。

まとめ

転落事故で一時はどうなるかと冷や冷やでしたが、今では家族にも恵まれて、そして本人が望んでいる形での音楽活動も調子が良さそうで何よりです。今後も一人の父親、そしてカリスマとして日本を代表する俳優、アーティストとして活躍していって欲しいです。

スポンサーリンク
おすすめの記事